泳がせ釣りで狙う、旬の美味しいターゲット

皆さん、こんにちは。まるまつ海の研究所です。


久々のブログ更新になってしまいました。。


いやー忙しい。

何が忙しいって、そう「海苔」なんです。


準備は、9月ごろから粛々と進んでいるのですが、11月に入ってからは収穫、加工、機械や網の手入れが続いて、気付いたら1日が過ぎ去っちゃいます。

※平日朝の受付が手薄になってて、大変申し訳ありません!

受付にスタッフがいない場合は、沖側駐車場の方へ向かった左手の巻き上げ場にいる場合がありますので、お手数ですがお声がけください

ちなみに、筆者は海苔養殖が割と盛んな地域で育ち、小さいころから海苔を口にする機会が多く、焼き海苔、味付け海苔と、育ち盛りの幼少期には最高のご飯のお供でした。


しかし、どうしたものか。

まるまつ丸の海苔を初めて口にしたときの衝撃。

香りはその他有数の名産地のものと比べれば控えめながらも、海苔の味がどすんと濃い。

ただの焼き海苔なのに。


味覚には個人差がありますし、文章でお伝えするのは本当に難しいですが、味が濃くてうまいんです。

そう、お菓子風に例えるならば大人めビターって感じで。


もちろん、人間が食べてうまいということは、他の生物たちも。

ニュースなどでご存知の方もいると思いますが、ボラや黒鯛、メジナなどによる食害。

スクスクと育ち、明朝収穫予定だった海苔が、朝方には食べられて壊滅している、なんてことは珍しくないんです。


そして、海から食害があれば、次は空からの食害も。

沖で釣りをしていたらたくさーん鳴きながら寄ってくる海鳥、ではなくどこからともなく海へ出張してくるカモ。

海苔棚付近に人がいれば寄ってこないのですが、彼らは主に夜行性。

一番の新芽がやらかくてうまいと、数世代にわたり遺伝子に刻まれているのか、見事に一番や二番の柔らかくてうまいのを摘んで食べていきます。


大津での海苔養殖は、海苔網を入れるだけじゃなく、

魚を避けるボラ網を棚の四方に張り、魚の進入をできるだけ防ぐ。

カモの襲来を避けるため、網に3キロほどの鉄筋棒をぶら下げることで海苔網を水面下に沈める。

そして、潜り船で収穫する前にこれらを撤去し、収穫が終われば海苔を鮮度良く美味しく保つために活性処理を行う。


関係者の私が言ってはいけないですが、本当に手が掛かる海苔。

だからうまいんです、これだけ手がかかって丁寧に育てられているから。


お店にはその場で加工した海苔を販売してますので、ぜひお試してみてください。

筆者のおすすめは、ずばり朝収穫したての生海苔!(加工してないですが汗)



海水を含んでいるので、水洗いして水気を絞ってから食べるのですが、

三杯酢でお刺身風に、味噌汁に入れ海苔汁に、醤油、酒、味醂で炊いた自家製の無添加佃煮に。


初めて食べたその日から虜になってしまいました。 だって売ってるの見たことなかったですもん、生海苔。

さて、海苔話が長くなってしまいましたが、本題へ。

今回は、ハイシーズンに突入した「泳がせ釣り」をした際のレポートになります!

仕掛けはこれ

仕掛けはできる限り手作り派の筆者ですが、今回はいきなり沖へ行くことになったので、近くのポイントさんで購入しました。

しかも、焦って購入したので、ひとつは替針って。


また、竿も持ってきていなかったので、アジ乗合船レンタル用の電動リールをまさかの手巻兵。

130号ビシをPE4号で操るこのタックルなら、ワラサが来たとて恐るるに足りませぬ。



南風吹き荒ぶ中、沖へ

ようやく沖へ出ることができたのは、ボートが出れず、海苔の収穫もできなかった南風8mの午後。

予報では8mですが、やはりもっと吹いている。汗

海苔棚に繋ごうとしていると、すんごい勢いで船外機船が沖へ流されちゃいます。

中心あたりに見えるのが大津の港ですが、停船している状態で船が上下して波が飛んできます。。


今回のポイントはここ

泳がせ釣りと言えば、一級ポイントである武山やガレ場がメジャーポイントですが、今回は調査を兼ねて少しハズれたところに陣取ります。


ちなみに、海苔棚を固定するために、30キロほどの錨が海中に沈んでいるのですが、棚と錨を固定するロープが、海苔棚の四隅あたりから数十メートル先に向かって斜めに走っているんです。

そう、間違ってブリクラスがかかって走り回られたら獲ることができない可能性がある。

かかればって話なんですが。

皆さんも海苔棚付近にアンカリングして、大物を狙う際にはご注意ください。

それではいってみよう

こんな時化のときに入荷であるアジ釣りしてたら、仕掛けが絡んで仕方なかったでしょう。

偶然にも豆アジは数日前に釣って、港の中で生かしたものを使います。 隙を狙っていたタイミングが合って良かった。 釣り方は簡単。

オモリが着底したら、根がかりを回避するために1mほど底を切るだけ。

第一打投入。


、、、

3分経過。

うずうずして、海面まで巻き上げて、アジさんの生存確認を行います。


うん、元気。

第二打投入。


、、、


5分経過。

うずうずして、またまたアジさんの生存確認を行います。

うん、なんとか元気。


第三打投入。

、、、

、、、、、


着底して底を切った瞬間、むむ。


竿が猛烈に叩かれている。

擬音語にすると、あたたたたたたたた!って感じで。

釣り番組で、餌のアジの近くに青物などのフィッシュイーターが近寄ってくるとアジが逃げて竿に違和感が出ると見聞きしたことありますが、これは違う。

間違いなく、本アタリと確信するくらい130号ビシを操る硬い竿が猛烈に叩かれています。


そう、「お前はもうアタたっている」と、竿が教えてくれました。


泳がせ釣りは、別名「ノマセ釣り」という表現もされますので、もうしっかり針付きのアジを飲み込んでいるでしょう。

軽めの巻き合わせを入れてしっかりと針掛りさせます。


小気味よい引きであがってきたのは、

45cmほどのイナダでした!

泳がせ釣りで釣ることができたので、もう帰ります!安全第一!



まとめ

今回は船外機船で移動、釣行しましたが、ポイントに到着してから釣り上げるまで、おおよそ10分程度のエクストリーム釣行でした。

運よく短時間、ピンポイントで釣り上げることができたのですが、最近は東京湾内でイナダやワラサがたくさん回遊しているらしく、チャンスのようです。


今回釣行してみて感じたポイントは二つ。


①まめにアジの生存確認をする

「上げ下げするのはアジを弱らせるからダメだ!」という方もいらっしゃると思いますが、その通り。


しかし、生存確認は本当の目的ではありません。


上げ下げの本当の狙いは、ターゲットにアジを見つけてもらうこと。

筆者はルアー釣りをメインに立ち回ってきたのですが、最も好きなジギングは鉛やタングステン製のジグと呼ばれる擬似餌を、着底→シャクりながら巻き上げ→着底と何度も繰り返します。

一番アタリが出る瞬間は、シャクりながら巻き上げているタイミングなのですが、青物のメインターゲットである「イナダ、ワラサ」は意外にもフォール中(仕掛けを落としている最中)にもアタることが多いんです。


真鯛などの目が良いとされている魚も、イナダ、ワラサも落ちてくるものに興味を示してから、(海面方向などに)逃げていく獲物を捕食している気がします。

だから、まめに生存確認をすることで、自然な誘いを入れていることになります。


あまり放置が長いと、エイやサメが掛かることが多い気がしますしね。。


しかし、豆アジも有限な海産資源なので、限りなく弱ってしまったり、亡くなってしまったら南蛮漬けにして美味しくいただきましょう!



②あえて弱ったアジを演出しなくて良い

泳がせ釣りの市販仕掛け全般に言えることですが、ハリスが短い。。。

webで「なぜ短いのか」調べてみたところ、弱った魚を演出するために、あえて短くして行動範囲を狭めているとのこと。


でも、海中で体力全快の餌を何メートルも追いかけ回していますし、、


この短い仕掛けの利点は、アジやイワシなどの小型回遊魚が通過してしまうような海域で利点を発揮する仕掛けじゃないんでしょうか?

イメージとして、いつもはすぐに餌が通過して捕食しづらい→弱った餌がいる→食べてしまおう的な?


しかし、大津エリアには年中美味しいアジが居ついているので、むしろ自然に泳げる長めのハリスの方が効果を最大化できるのではないか?という気がします。


検証回数は少ないのですが、10月中頃に自作仕掛けのハリス2ヒロ(約3m)で富士山だしで挑戦してみたところ、5分に1回くらいのペースでアタリがありました。

しかし、太刀魚、マゴチ、アナゴ、バラシ多数、、、と青物は獲れませんでしたが、魚種豊富に釣れました!




ボート釣りは、ルールさえ守れば、どんな釣り方をしても自由!!

是非とも、ヒットパターンを掴んで、このハイシーズンに大物をゲットしてください!



港に帰ったらたんぱく質を摂取したくなり、美味しくイナダを頂きました!

そして、こんな食べ方も。

邪道と言われるかもしれませんが、マヨネーズで油分補給。美味しいです笑


【次回予告】

天気が安定しないこの季節。

ボートに乗れなかったら、乗合船に乗ってみよう!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

横須賀市大津港

​まるまつ丸/ MaruMatsu

TEL: 046-843-8167

Email: marumatsumaru@gmail.com

  • Facebook - Grey Circle
  • Tumblr - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle

© 2021 by MaruMatsu on WiX